transpac2017

トランスパックヨットレース速報

**************************************
7月3日ロスアンゼルスをスタート!

大会の様子をお伝えいたします。
**************************************

t Draconisオンボードカメラスライドショー

transpac2017
transpac2017
transpac2017
transpac2017
transpac2017
transpac2017
transpac2017

他の写真をギャラリーページで公開しています。

2017.7.18
Transpac 2017 – Looking Back at a Special Race

2017.7.18
The finish of the 2017 Transpac is here!

2017.7.13
Comanche Finish

2017.7.12
Day 4

2017.7.12
Day3

2017.7.10
3rdスタートの様子

2017.7.7
2ndスタートの様子

2017.7.5
レーススタートのビデオが公開されました。

公式サイトフォトギャラリーはこちら→

トランスパックヨットレーストランスパックヨットレーストランスパックヨットレーストランスパックヨットレーストランスパックヨットレーストランスパックヨットレース
トランスパックヨットレース

2017.7.1

トランスパックヨットレースは世界中のロングオフショアレースの中でも指折りの魅力的なレースです。今大会には現時点で、100ftから33ftまでの異なった大きさのヨット55艇が8カ国からエントリーしています。
レースの歴史は古く、ハワイがまだサンドイッチ諸島と呼ばれていた頃に遡ります。ハワイ王朝最後の王カラカウアが自らの50歳の誕生日を祝おうとしてサンフランシスコのヨットクラブにサンフランシスコ~ハワイのヨットレースを企画したのが始まりとされています。しかし、その企画は実現せず1900年にハワイはアメリカ合衆国の植民地となります。その5年後、カラカウアの意思を実現しようとして話し合いが行われ、1906年に第1回のTranspac が開催されました。当初はサンフランシスコ~ハワイの予定でしたが、サンフランシスコで起こった大地震の影響でスタートラインはロスアンゼルスのサンペドロにあるポイント・フェルミン灯台沖となったのです。以来2年毎に開催されて現在にまで至っています。
レースはスタートして半日ほどでカタリナ島を回航後は、2225マイル(約4000km)先のオアフ島のダイアモンドヘッド沖のブイを目指します。札幌と那覇の直線距離が2250kmですから日本列島の2倍ぐらいですね……。気が遠くなるような距離に思えますが、レースは始めひたすら南下して貿易風帯を目指して帆走った後で一旦その貿易風をつかまえれば快適な追い風のレースが続きます。絶対とは言えないまでも…。

記:Gill Japan Nakagawa

Gill Japan Pro Shop

多くのお客様のご来店をお待ちしております。
〒550-0004 大阪府大阪市西区靭本町1-14-18 本町アセットビル2Fショールーム
お問い合わせ電話番号:Tel : 06-6445-2300

周辺地図(クリックするとGoogleマップが開きます)

地下鉄四つ橋線28番出口すぐ
上記地図の赤の点線をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • L068_Tri Fold Wallet Jet Black
    ・マジックテープ付きクラシック三つ折りデザイン  ・6枚のクレジットカード入れ  ・透明のID 用の窓 ・外部 […]

About Fortune

株式会社 フォーチュン

  • マリンウエア&バイシクルウエア等の輸入,卸販売
  • ヨット部品輸入,卸販売
  • マリンショップ,通販
所在地
〒550-0004
大阪府大阪市西区靭本町1-14-18
本町アセットビル4F
プロショップ2F
Tel / Fax
06-6445-2300 / 06-6445-2310

お問い合わせ

Return to Top ▲Return to Top ▲